蝦佬聖湯


 

四川といえば、真っ赤な鍋の火鍋が有名ですね。

 

ぼくも四川に住んでいたころ、毎週1回は火鍋を食べにいくというのが日課でした。

それも白いスープはない赤い鍋(紅油)のみの火鍋。

 

赤い鍋は刺激で食欲もそそり、おいしいのですが、問題が一つありました。

それは翌日、お腹を壊すこと。おしりが唐辛子でヒリヒリするのです。

 

翌日、胃もおしりも問題ないような鍋はないものか?

 

と成都をいろいろ探しまわり、老鸭汤、豆腐汤、白果炖鸡・・・などなど

あっさりしたスープ、鍋は沢山たべてみましたが、

毎回でも通いたいような鍋はまだ見つかっていませんでした。

 

あっさりした鍋に最高級の具材をいれる

今回紹介するのは四川にきて、はじめて「なんておいしいんだ!」とうなった、あっさり鍋です。

そのお店は「虾佬聖湯」(シャーラオシェンタン)。

 

 

三年以上の家鴨、地鶏をベースに豚骨、アワビ、ハマグリなど20種以上の海鮮を8時間以上煮込んで作った濃厚なスープが人気の海鮮鍋。

 

「虾佬聖湯」は2002年に四川省成都市金牛区蜀漢路に一号店をオープン。

お店のメインとなる海鮮鍋は四川料理ではなく広東系に属します。

虾佬圣汤

スープの味も絶品ですが、驚いたのが、素材の品質。広州に自社で養殖施設を保有し、毎日空輸で新鮮な素材を四川へ運んでいるので、どの具材も新鮮です。

 

こんな巨大なアワビ初めて見ました!この巨大なアワビは食べていませんが、通常のアワビも超新鮮ですばらしい味でした。

虾佬圣汤

四川にいながら、この品質の食材をリーズナブルに食べられる…これは人気が出るはずです。

2002年に成都で一号店をオープンし、今では成都市内に5店舗を展開。

虾佬圣汤

重慶の次に火鍋を愛する人口が多い四川省の省都・成都。

四川料理の中心地である成都で広東料理系スープで勝負するのは相当難しいはずですが、「虾佬聖湯」は見事にこの成都人の胃袋をつかみました。

虾佬圣汤

中国版食べログの成都・大衆店評の評価も約1000件。しかも4星半という高得点。素晴らしいですね。

虾佬圣汤

新鮮なハタをさばく

11

生きた化石、日本の特別天然記念物を食べる

え、オオサンショウウオって食べられるんですか?

オオサンショウウオは中国語で「娃娃魚」(ワーワーユィー)。日本人的感覚でいうとかわいい天然記念物の生き物という認識ですが、中国では高級食材として各地で食べられています。

 

海鮮鍋の食べ方

  • 食べはじめる前にまずはスープを飲む。
  • 海鮮を食べ、ダシがでたらスープを飲む。
  • 野菜を食べ終わった後、最後にスープを飲む。

 

タレは自家製の醤油をベースにニンニク、トウガラシを入れたもの。

虾佬圣汤

もちろん四川料理も食べられます

冷菜などはやっぱり四川料理がメインになっていますので、オススメです。

特に「奇香寸排」(スペアリブ)は柔らかく味付けも完璧でペロっと全部食べてしまいました。

 

虾佬圣汤

新鮮なカキにガッツリ四川の味をつけオーブンで焼いた料理

オススメ料理

  • 奇香寸排 38元 (スペアリブ料理)
  • 苦笋拌木耳 22元 (タケノコときくらげの冷菜)
  • 大连活鲍鱼98~168/500g (大連産アワビ)
  • 三文鱼刺身 88元 (サーモン)※サーモンの刺身は大人気です
  • 日式醉响螺 22/1つ (ほら貝)
  • 大鲵(娃娃鱼)158元 /500g (オオサンショウウオ)
  • 姿造龙趸鱼(石斑鱼)178元 /500g (ハタ)
  • 雪花肥牛 98元 / 一皿(牛肉)
  • 港式虾滑 78元 /(エビのすり身)
  • 碳烤冰岛生蚝 18元 / 一つ (カキのオーブン焼き)
  • 天然鲜竹荪48元 (キヌガサタケ)
  • 茼蒿菜 26元 (春菊)
  • 潮式手工银丝饼 48元 / (潮州式スイーツ)

 

基本情報

虾佬圣汤

虾佬圣汤

店名 虾佬圣汤火锅(人民南路店)
住所 四川省成都市武侯区人民南路四段48号首座富豪酒店内
平均 一人当たり¥266
その他 サービスはよし、環境もキレイ

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月、11月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」「同じ価値観をもった仲間と出会える!」とコメントいただきました。

これまで見たことない料理、涙を流すほど信じられないくら辛い料理、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては日本に四川料理を伝えた陳建民氏を輩出した街へ。日本の四川料理のルーツとなる四川省南部。少人数では食べられない田舎の料理をたべましょう!

今年最後の四川料理の旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】第三弾四川省南部へ!日本の四川料理のルーツを巡る旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 福岡で絶対に行きたい四川料理店「巴蜀」がリニューアル!
  2. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  3. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?
  4. 今、成都で担担麺を食べるならこの店!永記湯圓面館
  5. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/