青島ビール


 

麻辣連盟×青島ビール×重慶火鍋 in 仙ノ孫イベント大成功!

8/4は四川料理を愛する麻辣連盟メンバーと青島ビールさんでコラボしました。

 

夏を吹き飛ばす!ということで、0から手作りで作った無添加の重慶火鍋と青島ビール飲み放題で熱く盛り上がりました!

 

ぼくが四川へいたときは一週間に1回は火鍋を食べる!という火鍋習慣がありましたが、いつもきまって、火鍋を食べた翌日はお腹の調子が悪い…

 

ところがですよ、仙ノ孫・早田シェフが作ってくれた火鍋は起きた翌日もすっきり!

 

牛脂を使ったいるので、もちろん味も現地系。この大量の花椒と中華スパイス見てみてください。お店に入る前からスパイスのいい香りがしていました。それも中国でよくあるあの強烈な香りではなく、とがっていないやわらなスパイスな香り。

 

本当に大満足な火鍋でした。小肥羊もあれはあれでいいですが、本場の火鍋をゆっくり食べたいときはこれから仙ノ孫ですね。

青島ビールを100本以上!

今回はおそらく日本ではほぼないであろう青島ビールの飲み放題を行いました。

いやー、ビールは日本のほうがおいしいでしょ?生だよ、生!っていう人、多いかもしれません。

ぼくもドイツに住んでいたので、ビールはといえばドイツ…思うことありました。

 

しかし、青島ビールの特性と中国ビールの関係を理解した瞬間、

「中華といえば、青島ビール!」

と思わず言いたくなりました。

青島ビールを造った人達の思いとは?

1903年青島ビールが産声を上げます。

100年以上前、青島ビールを造った人達はどんな思いで、この中国で最も知名度のあるビールを造ったのだろう?

良く、「青島ビールの特徴は何ですか?」と聞かれることがあるとのこと。

答えはいつも同じ・・・「不思議なほど特徴が無いところが特徴なんですよ!」と。

中国4000年の味~世界に誇る中華料理には、辛い、甘い、酸っぱい、濃い、薄い、熱い、冷たい・・・ありとあらゆるバリエーションの料理があります。

これら全ての料理の特徴を邪魔せず、逆に引き立てるにはどのようなビールの味わいにすればよいのだろうか?
その結果が“不思議なほど特徴が無いところが特徴”なんだと。

中華料理は次から次へ様々な料理が沢山沢山出て来ます。長い時間、沢山の美味しい料理を食べ続けるには、飲んでも飲んでも腹に溜まりにくいビールである必要があります。

 

青島ビールの炭酸の具合と絶妙な薄さは見事にそれを可能にしている。
そんな綿密な思いの込められた青島ビール。中華料理食べる時の為に造られた青島ビール。

 

そんなロマンの詰まった青島ビールが中華料理の名脇役として、いつも中華料理の傍にあって欲しい!だから“中華料理を食べる時は、青島ビールを飲もう!”

青島ビールを片手に盛り上がりました!

02

 

まずは邦楽演奏家のシークレットオープニングライブからスタートした謎の火鍋会。

西荻窪の中華屋さんで三味線の音がこだまし、火鍋からはスパイスの良い香りが漂い

男性女性と真っ赤な青島ビールTシャツを着る一体感。

 

このアンバランスな世界観、こういう雰囲気がぼくはたまらく好きです。

04

まずは皆で乾杯!赤いTシャツと緑のビールがいい感じですね!

IMG_9817

前菜のよだれ鶏!ラー油に浮いたゴマが食欲をそそります!

上品でいて現地のようなパンチのある味も感じれる見事なよだれ鶏でした。

 

あまりにもおいしかったので、各テーブルの余っているよだれ鶏をつまみにビールを飲んでいました。

青島ビール

よだれ鶏を堪能した後は火鍋です!左の白いスープはコラーゲンたっぷりの鶏ベース。

赤い火鍋は牛脂を使いたっぷりのスパイスがしみ込んだ紅湯。

 

質のいい豚肉と鶏肉、そして、臓物。新鮮な野菜とお魚…と次々と出てくる素材たち。野菜は早田さんの実家大分から送られてくるのだとか。

01

寡黙に料理を作る早田シェフ。最後には挨拶にきていただき、皆さんの大満足の笑顔で迎えられていました。

03

 

最後に

中華料理を食べるときは青島ビール!

しっかりと脳に記憶されたのか、翌日の宴会で思わず青島ビールを注文。一本のんでついつい二本めも…とするする飲めるのが青島ビールです。

 

のど越しがいい生ビールもよいですが、中華には中国のビールを合わせて飲んでみるのもおすすめです!

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月、11月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」「同じ価値観をもった仲間と出会える!」とコメントいただきました。

これまで見たことない料理、涙を流すほど信じられないくら辛い料理、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては日本に四川料理を伝えた陳建民氏を輩出した街へ。日本の四川料理のルーツとなる四川省南部。少人数では食べられない田舎の料理をたべましょう!

今年最後の四川料理の旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】第三弾四川省南部へ!日本の四川料理のルーツを巡る旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 福岡で絶対に行きたい四川料理店「巴蜀」がリニューアル!
  2. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  3. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?
  4. 今、成都で担担麺を食べるならこの店!永記湯圓面館
  5. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/