東坡肘子 麻辣党


 

更新:あっという間に残席2名!
3日で満員御礼!増席3名!

残席1名!※複数ご参加の場合はお問合せください。

【満席御礼】イベント受付は完了しました。たくさんのお申込みありがとうございました!

 

12月10日(土)に大阪で麻辣党、四川料理イベント(食事会)を開催。

 

国安シェフと相談し、この料理でいきますと連絡きました!

四川料理をメインとした素晴らしいラインナップです。

 

 

国安シェフとは?

中国料理の講師時代から中国各地方の食文化を研究

料理は四川、北京、上海、湖南、香港などの系統を問わず「各流派の優れた技術の融合」が信条。

唐菜房 大元 国安英二

国安英二シェフ

 

プロフィール

唐菜房 大元オーナーシェフ。1965年生まれ。香川県出身。

辻調理師専門学校を卒業後、同校に入職し、22年間、中国料理の講師を務める。

その後、大阪市内のホテルで中国料理店に勤務。2010年6月に独立して大阪・西天満に『唐菜房 大元』を開店。

 

共著で出版された書籍

四川料理をメインに大陸のマニアックな料理を食す!

 

四川を中心に上海、香港、そして、山西省とそれぞれの特色を生かした料理。

「涙を流し口から火をふく、四川料理の旅」で紹介している「東坡肘子」もあります!

 

  1. 花仁拌兔丁 – ピーナッツと兎のラー油和え(四川料理) ※辛い
  2. 白桜蝦 – まこも茸と桜蝦(上海料理)
  3. 沙爹油淋皮蛋 – 油淋ピータンのサテ風味(香港料理)
  4. 茴香炒七彩 – フェンネルと四季豆、紅椒、黄椒、西芹、キノコ、鶏、短い手打ち麺の炒めもの(山西料理)
  5. 東坡肘子 – 四川流肘肉トンポーロー(四川料理)
  6. 醉鶏鍋 – 紹興酒風味の漢方鶏鍋(香港料理)
  7. 干鍋排骨蝦 – スペアリブとエビの汁なし火鍋(四川料理) ※辛い
  8. 豌杂面 – エンドウ豆と四川風合え麺  (四川料理) ※辛い

 

四川料理の定番の前菜といば、ウサギ!

花仁拌兔丁 – ピーナッツと兎のラー油和え(四川料理)

日本人から言うとうさぎ?という感覚ですが、実は四川でうさぎを日常的に食します。

うさぎの冷菜

成都名物の凉拌兔丁

香辛料たっぷりのウサギの丸焼き、ウサギの頭、ウサギの冷菜・・・

など数えきれないほどのうさぎ料理があります。

 

その中でもぼくが大好きなのがウサギの冷菜。ウサギ肉は淡白なので、

ラー油と濃い味付けが合い、最初の前菜として注文する料理。

これは超楽しみです!まさか、日本でうさぎ冷菜を食べれるとは。

 

絶対食べてほしい四川料理!凉拌兔丁【成都】

うさぎ冷菜は四川の定番の味付けで。

ラー油のど迫力!一度食べたら忘れらない四川料理の定番「紅油」味とは

 

トンポーローを作ったのは四川出身の蘇東坡!そして、妻が作ったのが東坡肘子

東坡肘子 – 四川流肘肉トンポーロー(四川料理)

 

「東坡肉(トンポーロウ)」という料理を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

大きな豚バラを甘辛くトロトロに煮た料理。日本の角煮は中国の東坡肉が原型との説も。

 

時代は千年さかのぼり、宋の時代。詩人、蘇東坡(スートンポー)の手により東坡肉が編み出されたといわれています。

東坡肉は徐州で生まれ、黄州で完成。その後、杭州で名を馳せました。

今では、杭州名物として中華全土のみならず、日本でも愛されています。

 

この料理が四川とどんな関係があるのか?

 

蘇東坡の出身は四川省眉山。眉山には「東坡肘子」という名物料理が存在します。
味付けは東坡肉と同じ甘辛味で、違いは肘肉を使用しているということ。

そして、この料理の生みの親は実は、蘇東坡の妻、王弗(ワンフー)なのです。

 

大きい料理なので、大人数ではないと食べれきれない料理。今回の料理にもってこいです!

 

東坡肉を作った蘇東坡は四川出身!絶品の東坡肘子を食べる

 

大羊フェスタで2時間半で売り切れ伝説を作った四川料理が干鍋(汁なし火鍋)

干鍋排骨蝦 – スペアリブとエビの汁なし火鍋(四川料理)

11月5、6日と水岡シャフ×麻辣党でコラボして出店し、提供したのが羊肉干鍋。

強烈な見た目と豪快な味で羊フェスタで最速完売を記録した料理です。

麻辣党

大羊フェスタで干鍋を提供!

 

今回はスパイシーな干鍋にスペアリブ、蝦をトッピングした豪華な料理。これも楽しみな一品です!

成都で一番人気の「干鍋」!スープがない新しい鍋料理「鍋鍋香」

 

成都でも流行つつある豌杂面を日本で食べる

しめは最近四川で流行っている豌杂面(ワンザーミェン)。

豌杂面とは乾燥させた赤エンドウ(豌豆)をトロトロになるまで煮込み、杂酱面(ザージャンミェン)にトッピングさせた麺。

 

発祥は重慶市万州区。重慶市から約380km離れた地方都市「重慶万州市」。

万州市は川魚を丸ごと一匹焼く「万州烤魚」の発祥でもあり、美食どころとして有名な街です。

地方都市の料理を日本で食べらるとは!料理人さんの勉強熱心さ、探求心は素晴らしいですね。

誰もがトリコになる深みのある辛さ!人気急上昇の豌杂面

 

 

特別にお願いした料理、酔鍋鶏(紹興酒風味の漢方鶏鍋 香港スタイル)

そして、中川が特別に依頼して食べたかったのが、こちらの料理。

 

招牌酔鍋鶏

招牌酔鍋鶏(紹興酒風味の漢方鶏鍋 香港スタイル)
出典:『伝統×現代 深化する中国料理』|Chuka Lovers|80c

 

80cさんのこちらの記事を見て、いつか食べて見たい!と思っていた料理を今回はお願いしました。

四川料理ではないですが、これは絶対おいしいと確信しております。

 

国安英二シェフより

この料理は20年以上も前、香港の朋友(友人)と佐敦(ジョーダン)に夜食を食べに行った時に出してもらったもの。店のオヤジをほめまくり、煙草を賄賂に厨房まで入らせてもらってレシピを教えてもらいました。
店の常連さんが、『コレ持って帰れ』勝手に僕のカバンにメニューをねじ込んで来たりして、楽しい店でした。

今はもう閉店してしまいましたが、昨日のことのように覚えています

 

 

デザートとなし、料理1本で勝負

ゆっくり食事をしながら、じっくりお酒を飲み、辛くしびれる四川料理を堪能し、中華料理の奥深さを知る。
国安シェフとともに、そんな夜になるよう企画します。

残席2名 3日で満員御礼→増席3名!残席1名! 【満席御礼】16名参加!

■お店:唐菜房 大元

■日時:12月10日 19時~

■参加費:9000円(税込)※飲み放題付き

※ドリンクは瓶ビール(KIRIN、ASAHI、青島プレミアム)、かめだし紹興酒、ソフトドリンク各種をご用意

■場所:〒530-0047 大阪府 大阪市北区 西天満4丁目5-4

唐菜房 大元 国安英二

 

お申込みはこちらから

 

二階の宴会席を貸切、麻辣党の大阪支部立上げを密談しましょう。

大阪の皆さんと出会い、語るのを楽しみにしております。

 

お申込みはこちらから!

↓↓

event

 

 

img

麻辣党総裁 中川正道

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月、11月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」「同じ価値観をもった仲間と出会える!」とコメントいただきました。

これまで見たことない料理、涙を流すほど信じられないくら辛い料理、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては日本に四川料理を伝えた陳建民氏を輩出した街へ。日本の四川料理のルーツとなる四川省南部。少人数では食べられない田舎の料理をたべましょう!

今年最後の四川料理の旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】第三弾四川省南部へ!日本の四川料理のルーツを巡る旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 福岡で絶対に行きたい四川料理店「巴蜀」がリニューアル!
  2. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  3. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?
  4. 今、成都で担担麺を食べるならこの店!永記湯圓面館
  5. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/