干鍋兔


【成都】鍋鍋香 | スープがない新しい鍋料理

干鍋兔

“干鍋兎” (gān guō tù)  辛   辛   辛  
兎と各種野菜を炒める料理。使用する調味料はかなり多い。味は麻辣、濃く香り強く、お酒を飲むときに最適の料理。

成都で一番人気の「干鍋」

干鍋兎

干鍋(gan guo)というのは比較的新しい新派四川料理。 この料理が成都で出されるようになって十数年あまりですが、数ある四川料理の中、すでに存在感を示しめす人気っぷりです。庶民に人気の料理、 干鍋は四川料理の伝統の麻辣味だけではなく、その店特有の味もあり楽しめます。肉類、野菜の組み合わせは多岐にわたり「百種千味」。

干鍋兎

今回紹介する店は干鍋店の中でも一番人気のお店。この店のおすすめは兎の干鍋。(ちなみに成都人は兎を食べるのが大好き。) 兎は下ごしらえがしっかりしていないと兎の匂いがでてあんまり美味しくないのですが、ここの干鍋兎はまったく兎くささがないです。 しっかり調味された麻辣の香り、激辛の鶏肉の唐揚げのような味わいで、美味しいです。もし兎肉を食べ終わってまだお腹すいていれば、野菜を追加できます。お腹いっぱいなるまで、堪能してください!

干鍋兔

余談ですが、最近、成都の店の内装は洋風カフェ風というのが流行っています。この店の内装もちょっと洋風、外からみたらcafeのような感じです 。しかし、料理の味は四川ど真ん中の麻辣味。このギャップが楽しいです。店の内装を洋風カフェ風にする手法は人気炭火焼き川魚専門店「滋味烤鱼」が始めたと思われます。オシャレでうまい!新しいコンセプトのレストランです。

食べ方

大体食べ終わり、まだ食べれるという方は、具材の追加できます。

注文方法

メニューに写真がたくさんついていので、注文はしやすいです。

干鍋兎を注文する場合
「干锅兔,一份」 (gān guō tù , yī fèn)

基本情報

価格、おすすめ 干鍋兔 68元。
住所 四川省成都市武侯区科华北路60号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì wǔhòuqū kēhuáběilù 60 hào
営業時間 11:00 ~ 14:00
17:30 ~ 22:00
環境 本店。環境は普通。トイレは施設内2階にあります。
その他  更新:2013/02/01

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/