龍眼包子


【成都】痣胡子包子 | 成都名物の復活

龍眼小籠包

“龍眼小籠包” (lóngyǎn xiǎolóngbāo)

餡は新鮮な豚肉。肉まんは龍の目の大きさを見立てて作ることから「龍眼包子」と呼ばれている。若干小ぶりの豚まん。餡はしっかり味が染みこみ、一口噛めば肉汁が飛び出す。

50年代からある四川の小龍包「龍眼包子」

龍眼包子

龍の目を形どった、小さなサイズの肉まん。成都生まれの「小籠包」と呼びたくなるような、成都の名小吃です。

1950年代の四川省成都、髭をはやかしたあざのある男が天びん棒を持ち肉まんを売っていました。 この肉まんは瞬く間に評判に。しかしこの男の名前がわからない。次第に人々はこの肉まんのことを、 「痣胡子包子」(あざとひげのある男が売る肉まん)という愛称で呼ぶようになりました。

龍眼包子

そんな痣胡子から受け継がれている肉まんを、現在ではこちらのお店でいただくことができます。 一番ポピュラーなのが、新鮮な豚肉を使った定番の「豚まん」で、その他に宜賓名物の漬物「芽菜」入りの肉まん「芽菜包子」(yácài bāozi)や 甘辛いチャーシュー入りの「叉焼包子」(chāshāo bāozi)が人気です。

小ぶりの肉まんは、少しづついろいろな味を試したい時にはうれしいいもの。 中にはさまれている餡はどれをとっても、お肉がたっぷり入っていて、そのジューシーさは、 お墨付き!新鮮な素材を餡に使用し、作りおきではなく、蒸したてほやほやの証なのです。アツアツのうちに口いっぱいに頬ばります。

龍眼包子

今回紹介しているのは本店ですが、文殊院の近く文殊坊にも支店があります。
実はこの本店のすぐ隣に長蛇の列を作っている肉まん屋があり、折角なのでいただきましたが、お味は龍眼小籠包の方がおいしいと思いました。

食べ方

通常、中国の朝食では肉まんとお粥は一緒に食べます。またお粥に味はなく、漬物などとも一緒に食べます。ただし、肉まん単独で注文することも可能です。

注文方法

サイズが小さいので、肉まんは一蒸篭、蒸篭の半分という感じで注文します。一蒸篭6個です。テイクアウト、店の中で食べるどちらか好きな方を選んでください。

テイクアウトする場合
「带走」 (dàizǒu)

豚まんを一蒸篭6個注文する場合
「鲜肉,一笼」 (xiānròu , yī lóng)

豚まん、チャーシューまんを蒸篭の半分づつ(3づつ)注文する場合
「鲜肉,叉烧,一样半笼」
(xiānròu , chā shāo , yīyàng bàn lóng)

基本情報

価格、おすすめ 肉まん一蒸篭、6元。おすすめ:龍眼小籠包、叉焼龍眼包
住所 四川省成都市青羊区西安南路5号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì qīngyángqū xīānnánlù 5 hào
営業時間 6:00 ~ 20:30
環境
その他 更新:2013/02/01

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月、11月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」「同じ価値観をもった仲間と出会える!」とコメントいただきました。

これまで見たことない料理、涙を流すほど信じられないくら辛い料理、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては日本に四川料理を伝えた陳建民氏を輩出した街へ。日本の四川料理のルーツとなる四川省南部。少人数では食べられない田舎の料理をたべましょう!

今年最後の四川料理の旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】第三弾四川省南部へ!日本の四川料理のルーツを巡る旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 福岡で絶対に行きたい四川料理店「巴蜀」がリニューアル!
  2. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  3. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?
  4. 今、成都で担担麺を食べるならこの店!永記湯圓面館
  5. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/